千葉県透析研究会 会則

第1条(名称)

本会は、千葉県透析研究会と称し、(社)日本透析医学会の地方会の立場をとる。

第2条(事務所)

本会の事務所は、会長が定める所に置く。

第3条(目的)

本会は、透析療法及び関連分野の進歩、発展を図り、会員相互の連繋を図ることを目的とする。

第4条(事業)

本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)年1回以上の学術集会の開催
(2)その他の目的を達するために必要な事業

第5条(会員)

本会は、(社)日本透析医学会の会員または施設会員の職員(医師、看護職員、臨床工学技士、栄養士、その他の部門)および本会の趣旨に賛同する医療従事者をもって会員とする。 
(1)会員は、正会員と賛助会員からなる。 
(2)正会員は、本条を満たすもの
(3)賛助会員は、本会の趣旨に賛同する個人または団体で、役員会が承認したものとする。

第6条(役員) 

(1)本会に次の役員を置く。
   会長1名、副会長を含む幹事30~40名、監事2名 
(2)幹事及び監事は、総会において会員の中から選任する。
(3)幹事及び監事は、相互に兼ねることができない。
(4)幹事は、医師、看護職員、臨床工学技士、その他職種より構成する。 
(5)学術集会長は、毎年役員会で選任され、役員の資格を有し任期は1年とする。

第7条(職務)

(1)会長は、本会を代表とし、会務を統轄する。
(2)副会長は会長を補佐し、会長に事故があるとき、または会長が欠けたときはその職務を代行する。
(3)幹事は役員会を構成し、会務を処理する。
(4)監事は会計及び会務を監査し、総会に報告する。

第8条(任期)

(1)役員の任期は2年とする。再任を妨げない。連続3期を限度とする。ただし、役員の定員が満たないときは、この限りではない。
(2)役員の定年は満65歳を超えた総会までとする。

第9条(会議)

(1)会議は総会及び役員会の2種とする。
(2)総会は年1回開催する。会長が招集し、議長は役員会が定める。
(3)役員会は毎年1回以上開催する。会長が招集し、議長となる。

第10条(会計)

(1)本会の経費は、学術集会の参加費、寄付金及びその他の収入をもって支弁する。         
(2)会計年度は毎年4月1日に始まり3月31日に終わる。

第11条(会則の変更及び解散)

(1)この会則は、総会において出席した正会員の2分の1以上の議決を得なければ変更することができない。
(2)本会は総会において出席した正会員の3分の2以上の議決を得て解散する事ができる。
(3)解散するときに有する残余財産は、役員会の議決を経て、本会と類似目的を持つ団体に寄付するものとする。

附則

(1)この会則は、平成13年11月25日から施行する。
(2)当分の間、事務局は独立行政法人地域医療機能推進機構 千葉病院に置く。 
(3)この会則は平成27年度総会承認により平成27年11月29日より施行する。